早期発見・早期治療で克服!|甲状腺の病気は早めに治療しよう

ward

まず健診から始めよう

看護師

平野区の病院で健診を受ければ、病気の早期発見ができる上に医療費も削減できるので、よりよい住民サービスの提供につながります。健診を受けた病院でふだんから治療を受けておくようにすれば、重症化を防ぐのにも役立ちます。

View Detail

片一方の頭が痛む時には

hospital

偏頭痛は血管が拡張して神経を刺激するもので、応急処置としては冷やすのが一番です。それでも治らない場合は病院に行くことをお勧めします。もちろん市販薬で治すこともできますが、飲みすぎるとかえってひどくなりますので気を付けましょう。また生活習慣を見直したり、食生活を改善することで効果が上がります。

View Detail

受診すべき科

Flower

普段起きるであろう頭痛と関係しているのがくも膜下出血があります。これは普通の頭痛の痛み程度ではないのです。そのため病院の脳神経外科で診断してもらう必要があります。その他にも頭痛を伴う病気があるのです。

View Detail

女性に多い甲状腺の乱れ

医者

どんな症状なのか

食欲の増加や原因不明の疲労、精神的な面で落ち着きがなかったりひどく落ち込んでしまう症状は、甲状腺の病気の可能性があります。この甲状腺の病気とは、甲状腺の分泌液が異常になってしまうことで起きてきてしまいます。分泌液が多くなるとバセドウ病、少なくなることで橋本病を患ってしまうのです。なぜこのような甲状腺の病気が起きてしまうのかは詳しく分かっておらず、遺伝的要因も多少関係していると見られます。見た目にも症状があらわれることがあり、首元にある甲状腺の肥大や、目つきが険しくなったり手の震えなどがそうです。比較的女性の発症者が目立ち、10代から20代の若い人に起きることも珍しくありません。甲状腺の病気は精神的な辛さや、妊娠にも影響してくる可能性もあるので、放置せずに早めに治療を受けるようにしましょう。

治療で心身ともに健康へ

甲状腺の病気は内科、または甲状腺外来にて治療が受けられます。それらは甲状腺ホルモンの分泌量を調整していく治療となり、薬にて行われます。人によっては症状の改善までに時間がかかってしまうこともありますが、分泌液の量が健康的に保たれるので効果は大きいです。これによって症状が落ち着いてくることもあり、精神的にも楽になれます。また、食事内容によっては甲状腺に悪く影響してしまう食材もあるので、栄養面での指導も行われることもあります。甲状腺の病気は他の病気での治療で発見されることも多く、それが体の正常な機能に悪い影響を及ぼすことも少なくないのです。心身ともに健康でいる以上は、疑いのある場合は積極的に治療に取り組んでいくことで健やかな状態が守られます。

Copyright© 2016 早期発見・早期治療で克服!|甲状腺の病気は早めに治療しようAll Rights Reserved.